The Addams Family!

LINEで送る
Pocket

こんばんは、
本日は青山劇場で只今絶賛公演中の
“The Addams Family”を観劇してまいりました。

20140417-040454.jpg

今回 この劇に超ハマり役、執事ラーチ役でご出演されております
澤 魁士さん。蜷川幸雄さんの舞台を始め 様々な舞台でご活躍されております
以前 光栄にも巨大シール名刺のデザインを
手がけさせていただき、以来ずっとずっと
魁さんの舞台を拝見したいと思い続け、、
やっと 今回 念願の観劇、感激!!!!!でした。
執事ラーチという役は今 日本で魁さん以外に考えられませんでしょう?!
ついつい、観劇しているうちに
普段もまるでラーチだったかのように おもってしまうのですが、
ひとたび舞台を降りれば 普段の魁さん。
それが演じるということなんですね。
絶妙なタイミングで客席の笑いを誘うラーチ、たくさん笑わせていただきました(^^)♥︎

舞台の内容はと云いますと、
笑いあり 笑いあり 涙ありの 大満足の三時間で
演劇はとても とても 初心者のわたしなのですが
オープニングの演出から 鳥肌が立ったまま、
演出もとっても素敵なんです、
ひとつの舞台空間が 深い森になったり 屋敷の中になったり
部屋になったり 廊下に変わったり、時には空想の世界空間に変身したりと…。
使用しているのは一枚の板や棒の付いた小道具など、とてもアナログなのですが 使い方と魅せ方でこんな風に見えるんだなあ、と とても勉強になりました。
衣装もとても丁寧に作り込まれていて、
個人的にアンサンブルの方々の30年代の衣装がとてもツボでした。
フラッパーガールの衣装やドローネ風の当時のニットのワンピーススウィムウェアにスイミングキャップ!これが死人仕様で見事なグレーとホワイトのグラデーションで表現されているの。
あと、更に個人的に嬉しかったのは 大尊敬のジョルジュ・メリエスの『月世界旅行』のオマージュともいえるシーンが在ったこと!!
(メリエスへの愛と憧れは ここには書き切れませんので又後日改めて…。)
フェスターが月に恋をしているというシーンで、月への愛と憧れを語り唄うシーン。ここはプチ・フェスターのパペットも出て来たり ふわふわ飛んでいくように見えたり 夢いっぱいで素敵なシーンだったなぁ。
全てがとても夢と遊び心の溢れた今回の舞台でした。
大人数でひとつの舞台を作り上げるって、いいなぁ、素晴らしいなあ!と、
たくさんのエネルギーをいただき胸いっぱいの帰り途でした。
あぁ、もう一回観たいな!!!
東京は20日まで、
そのあとは大阪や名古屋など 全国をまわるようですので、
必見でございます♥︎

舞台アダムスファミリーのサイトはこちら、

20140417-040046.jpg

お写真は舞台裏での魁さんと
マメ山田さんと♥︎
アダムスファミリーということで、わたしも珍しく
黒装束で参加いたしました。
素晴らしいお時間をどうもありがとうございました♥︎

gon!