happening-5

LINEで送る
Pocket

⑤ダンサー紹介

みなさま 本日も多方面からのご支援を心より御礼申し上げます。
毎日欠かさず 活動報告に目を通してくださるみなさま、どうもありがとうございます。

私達”THE HAPPENING”の第2回目のショーのテーマは
『THE HAPPENING IS ART ?』 

THE HAPPENINGは ファッションとアートがもっと融合した世界を作りたいという想いがあります。
今回ゲストアーティストに、2007年シルク・ドゥ・ソレイユに日本人男性ダンサーとして
初めて迎え入れられた『辻本知彦』氏を代表に3人のダンサーが登場します。

彼らは、日本を代表する素晴らしいダンサーです。

『辻本知彦』氏は、18歳でストリートダンスを始め、21歳からクラッシックバレエを中心としたトレーニングを行い、
その後22歳でNYへ留学、26歳でベルギーへ修行、31歳ではセネガルへダンスの旅へと出かけます。
彼の自由な心境は、ダンスにも大きく存在しその存在感は 私達を圧倒し感動へと心を動かしてくれます。

彼らの芸術的なダンスと共に THE HAPPENINGの衝撃的なファッションとの融合を是非見て頂きたいです。

皆さんの御協力をお願いいたします。

THE HAPPENING STAFF 一同

————————————————————-

【Today’s HAPPENIG !】

参加デザイナーの日々の活動の報告も本日で5日目!
各々今日も製作に励んでおります。

◯デザイナーG

今日は金属工場と皮加工の工場に打ち合わせに行きました。
是非お写真をお見せしたいところですが、
お写真NGでしたので 発表の時をお愉しみに…!
いつも職人さんに助けられています。

そのあとアトリエに戻りショーピースの立体製作していますが、
全く良く見えなくなり全部バラしてしまうというハプニングが
起きてしまいました。只今絶賛絶望中です。

20140929-225250-82370296.jpg

このお写真は製作に使う立体パターンです。
地道な作業の集積です。
気持ち新たに、頑張ります。

◯デザイナーO

20140929-225853-82733588.jpg

今回コレクションに使用する(予定)の生地です。

カシミヤ、モヘヤ、アルパカ等獣毛繊維の扱いを得意としたイタリアのファブリックメーカーAGNONAの生地です。

こちらは毛足が一センチ以上はある、アルパカの素材です。
光沢も半端ないですが1mあたりの値段も半端じゃないです。

普通ではなかなか手に入れることは難しい生地ですが、仲間の助けにより手に入れることが出来ました。

ファッションの世界は横のつながりが本当に大事で、
いつもお互いを助け合いながら前に進んで行きます。
今回も改めてそのようなことを再確認致しました。

◯デザイナーR

20140929-231504-83704761.jpg

このお写真はアクセサリー(ブレス)です。
レザー、アクリル、タフタ、サテン、メッシュを使用し、
レザーにスワロフスキー、天然石などを施しています。
一つ一つ手作業で、時間を掛けて制作しています。

こちらのCAMPFIRE も今日で5日目になりますが、
知り合いのカメラマンや大阪の某百貨店のバイヤーさん、
地元の友人がこの”THE HAPPENING”に募金してくださいました。
本当に感謝です。皆様のご期待に応えることができるよう、
実現に向けて頑張りたいと思います!

—————————————–

さて、ここでもうひとつお知らせがございます!
『ハプT』こと『ハプニングTシャツ』、
待望のブラックバージョンが完成致しました!!

20140929-230420-83060217.jpg

20140929-230419-83059900.jpg

ホワイトバージョンもおすすめですが こちらのブラックバージョンも
これからの季節に活躍しそうです!

今回Tシャツの製作ご協力頂いた会社です。

こちらのTシャツを印刷下さいましたのは
愛知県蟹江町にある会社の

有限会社 丸昇 さんです!
http://www.marusho369.com

とても誠実に、美しく仕上げてくださるとても親切な会社です。
どうぞ、ご参考になさってくださいね。

それでは皆様、引き続き “THE HAPPENING”を宜しくお願い致します!